●基本の健康法
温湿布療法 
こんにゃく温法
びわの葉・こんにゃく温法
手当て
●お悩み別健康法
肩凝り
便秘
糖尿病
肝臓病
脳梗塞(後遺症)
生理時の悩み
ダイエット
髪の悩み
おねしょ
肌荒れ
ぜんそく
高血圧
不眠症

糖尿病でお悩みなら! 福岡市城南区整体・操体法治療院「開心堂(かいしんどう)」

開心堂トップページへ
開堂心の整体とは整体はこのような方におすすめ整体 施術のステップ料金 地図 予約宮崎出張所
【糖尿病】
 糖尿病は欧米化した食生活が原因であることが多く、現代病の一つと言えるでしょう。合併症になると、失明や脚の切断を余儀無くされることもあり、恐ろしい病気のひとつとされています。
 食生活が原因の場合は、昔ながらの日本食に変えるだけで、大きく改善されることがあります。しかし、食生活だけの問題ではなく、精神的な問題で引き起こされてしまうこともあるのです。
 精神的な問題では特に、悲しみ、恐怖心、落胆といった精神状態により、迷走神経への影響で糖尿になることがあります。こういった場合は、精神的な負担を取り除くことが大切。そのうえで食事内容を変えるだけでなく、体を変えていく必要もあります。

《家庭でできる健康法》
● 糖尿病に良いツボ
その1
1.「感情活点」(左肋骨の下)の辺りを触ると、少しブヨブヨした所が2ヵ所位あるはずです。そこを軽く指で押えます。
2.ブヨブヨした所が少なくなるまで、押さえ続けましょう。

その2
1. 「感情活点」と胸椎(背骨)の首の下から数えて6番あたりの外側の筋肉を両方触ってみます。
2. どちらか硬いほう又は痛い方を他者にジーッと押えてもらいます。
3. この周辺部位全体が硬くなっている場合もありますので、全体的に手当て(ただ手を当てるだけ)してもいいです。
この2ヵ所のツボは糖尿の方にとっては大切なポイントとなります。また、この場所にこんにゃく温法を行っても良いでしょう。(詳しくはこんにゃく温法のページを参照)

●大また歩き健康法
 糖尿病を改善する運動法としては、散歩やウォーキングなどがよく行われています。もちろん運動はしたほうが良いですが、日常生活の中で大またで歩くように心がけるだけでも、ずいぶん違うものです。
 長い間、慢性病になった方々を見てきましたが、みなさん歩行の幅が狭い事に気づかされます。歩く時に、膝から下はよく動いているのですが、股関節から太もも(大腿部)膝までが、あまり動いていません。つまり膝下であるいているような感じなのです。一度、家族などに歩き方を見てもらってください。脚というのは、股関節から下が脚です。ここを意識して歩くように心がけてください。歩行が変わり、他の慢性的な症状にも良い歩き方になります。

●食事法
 昔ながらの日本食に変えてゆくことが重要ですが、おまんじゅうなどの和菓子やケーキなどの洋菓子を控えることも必要です。特にチョコレートは、お砂糖の固まりのようなものなので、控えたほうが良いでしょう。これは糖尿だけでなく肝臓への負担も大きいのでなるべくお控えください。
整体 操体法 施術実例
開心堂で施術されたお役様の声
ごあいさつ
ごあいさつ 施術実例 よくいただくご質問 開心堂 宮崎出張所 開心堂 料金/地図/予約 施術のステップ このような方におすすめ お客様の声 開心堂の整体とは 開心堂トップへージへ

福岡の整体院治療院なら開心堂トップページへ

お悩み別健康法

整体 操体法 よくいただく質問
スポンサードリンク


開心堂(かいしんどう)は予約制です。
tel : 092-873-7775
福岡市城南区七隈4丁目2-24
アバンセ城南702号